マーケターへの転職

【面接体験記】PayPayマーケティング職/質問と回答公開!

PayPay株式会社マーケティング職の面接質問&回答例

こんにちは、元広告代理店勤務、現在は事業会社でマーケティングの仕事をしているyukiji(@yukiji_olm)です。

【本記事はこんな方におすすめ】
・PayPay株式会社の面接内容が知りたい
・マーケティング担当の面接内容が知りたい
・マーケティング担当の面接のポイントを知りたい

本記事では、私が実際に受けた、PayPay株式会社のマーケティング担当の面接の質問と回答例を公開します。

【筆者はこんな人】
・本業は事業会社(一応上場)マーケティング担当。
マーケティング戦略立案からクリエイティブ制作まで行う。
・副業でWEBデザイン。収益は月平均10万円。
・前職は総合広告代理店。スキルがつかない&人間関係悪い環境で当時はうつ病に(涙)
・事業会社マーケターに転職したことが、人生で1番の選択だったとガチで思っている。

ご質問などはTwitter(@yukiji_olm)からどうぞ!よろしくお願いします!!

また、事業会社のマーケティング担当への転職を目指している方は、以下の情報も是非参考にしてみてください!!

未経験から事業会社マーケターに転職するステップ
【実体験からまとめた】事業会社のマーケティング担当に転職するには?こんにちは、広告代理店出身、現在は事業会社でマーケティング担当者をしているyukiji(@yukiji_olm)です。 本記事では...

面接を受けた企業の概要

面接

今回私が面接を受けた企業の求人の内容はこちらです。

企業名:PayPay株式会社

所在地:東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー WeWork内

想定年収:464万円~800万円

業務内容:PayPayの利用と定着を促進するキャンペーンを企画・進行。
(キャンペーン例:コンビニ・飲食店との共催、100億円キャンペーンなど)

部署:プロモーション戦略担当(記事執筆当時)
https://open.talentio.com/1/c/paypay-corp/requisitions/detail/19514

【必須条件】
・Webサイト・アプリ構築・運用の一般的な作業プロセスの理解と実務経験(プランニング、要件定義、各種設計、制作・開発ディレクションにおける実務経験5年以上)
・HTML/CSS/JavaScriptなどのフロント技術に関する知見
【歓迎条件】
・対外折衝および提案資料作成等の実務経験
・過去にグローバルサイトの構築、業務支援・運用設計をした経験
・システム開発のプロジェクトマネージメント・ディレクション(実務経験2年以上)

転職ねこ
転職ねこ
「マーケティング」というより「プロモーション」を行う部署でした。
さらにその中でもキャンペーンの企画や進行を専門としたポジションです。
面接官は該当部署の部長職の方と人事の方の2名に担当いただきました。

実際の質問内容

実際の面接の中で受けた質問と私の回答をご共有します。皆さんの面接準備のお役に立てたら嬉しいです!!

①自己紹介(経歴)

②自身の強み(スキル・実績)

③転職を希望する理由

④キャンペーン企画の実務経験について

⑤ユーザーとしてPayPayについて思うこと

自己紹介(経歴)

基本、面接官の方には職務経歴書は事前に見ていただいているので、1分ほどで簡潔にまとめて話します。
個人的にはここで実績を簡潔に入れ込むのが苦手なので以下をお話ししてます。1分間は大体300文字なので、自己紹介に関しては、事前に原稿をガチガチに作っておいても良いと思います。

  • これまでの経歴
  • 得意なこと
  • 入社への意欲

面接でいう自己紹介は、挨拶の延長みたいなものです。
そのため、長々とプレゼンをする必要はなく、職務経歴や自己PRを簡潔にまとめて話し、さらにその次以降の質問のきっかけを作るようにしましょう!

自分の強みについて

どこの面接でも必ず聞かれることですが、PayPayの面接の中では、かなりウェイトを占めている感じがしました。しっかり整理して、色んな角度からの質問にも回答できるようにしておくと良いと思います。

面接官
面接官
あなたの強みを4点教えてください。
転職ねこ
転職ねこ
1つ目は、WEB運用型広告の運用とクリエイティブ制作の両方のスキルがあることです。クリエイティブ制作も含めた運用型広告のインハウス化や、運用効率最大化を前提としたプロモーションの設計をすることができます。

2つ目は、私生活の中で、市場にある顧客のニーズを常にキャッチする習慣があることです。「今どんな価値が求められているのか」というマーケティングをするための基本的な情報収集を毎日行い、マーケティング業務に生かすことができます。

こんな調子で苦し紛れに4点お話しました。元々1つしか用意しておらず、考えながら話してしまったので、完全に微妙な空気になりました・・・。

これから面接に臨む方は、他の質問にも必ず転用できると思いますので、予め4点ほど用意しておいても良いと思います!

キャンペーン企画の実務経験について

キャンペーン企画のポジションだったので、キャンペーン企画の実績に関する具体的な質問をされました。正直、私はあまりキャンペーン企画の実績がなく、ショボい話を一生懸命話しました(涙)
それでも一応合格したので、実績がない方も諦めないでください!!

面接官
面接官
続いて、これまでのキャンペーンに関わるお仕事で成し遂げたことがあれば教えてください。

これはここにはあまり具体的に書けないのですが、キャンペーンの内容」「そのキャンペーンを実施した理由」「実施した結果どうだったのかの3点を具体的にお話して、何なら面接官にとっても参考になるようにと思いながらお話しました。

転職ねこ
転職ねこ
キャンペーンとしては成功。但し、その後のリピート率のKPIを達成することができないという結果でした。既存顧客のリピート率を見ながらキャンペーンの実施は判断し、目先の数字を取るためのキャンペーンにしないために、商品の品質をアップさせることが大前提だと改めて感じました。

キャンペーンの集客数としては成功したものの、その後の課題についても触れるようにしました。「じゃあその課題はどうしたら解決できる?」と深堀されるかなと思いましたが、今回はありませんでした。

ユーザーとしてPayPayについて思うこと

BtoCのサービスの面接ではよくある質問なので、用意しておくと良いと思います。率直な意見をお伝えしつつ、面接中であるということを忘れずに自分のアピールにしっかり繋げる必要があります。
課題についても質問されることがあります。ただ、メーカーは特に、社員の方は基本自社のサービスを愛していますので、失礼な言い回しにならないように注意です!

面接官
面接官
普段PayPayを使用していて、ユーザーとして感じることはありますか?
転職ねこ
転職ねこ
いつも大規模なキャンペーンを行なっていてお得なイメージがあります。

さらにどこのお店でもキャンペーン適用になっているので、お店のPOP自体が非ユーザーに対しても広告効果にも繋がっていると思っています。実際私も「PayPayって最近どこのお店でも見るけどどうなんだろう?安くなるなら入れてみようかな?」と思い、初めてインストールしました。小さい地域密着のお店でもPayPayを導入していたりするのは、ソフトバンクグループの営業力の賜物だと思います。

面接を受けて重要だと思ったこと

上記は私の回答ベースでしたので参考になりづらかったかもしれませんが、PayPayのマーケ職の面接に関しては、以下のポイントに注意して、ご自身のスキル・経歴と照らし合わせて準備をするのが良いでしょう。

応募職種における経験のエピソード

今回はキャンペーン企画専門部署の求人でしたので、想定以上にキャンペーン企画の経験について深掘りされました。(なので私が得意としていた、WEB運用やクリエイティブ制作周り、マーケティング戦略周りのお話はあまり興味を持ってもらえませんでした。。)

①応募職種の業務を事前にきちんと理解すること
②応募職種の業務に繋がるエピソードを複数用意しておくこと

私のように渾身のエピソードを用意していても、業務内容がズレていると興味を持ってもらえないので、①応募職種の業務を事前にきちんと理解することが非常に重要です。

英語力が求められる

資料は基本英語で制作、プレゼンもたまに英語でする必要があるとのことで、英語のスキルが結構求められたことは意外でした。

私は面接当時TOEICを受けたことがないくらい英語に苦手意識があったので、「英語は苦手で・・・」と言ってしまうほど・・・
もはや、どんな企業でも英語は不可避なんだなと思った瞬間でもありました。TOEICの点数UPや資料作成メールくらいの英語力であればすぐに身に付く(らしい)ので、転職するなら英語は勉強しておいた方が良いと思います。

※その後3ヶ月勉強してTOEICは何とか700点まではスコアアップしました。もちろん話せるレベルではないですが、苦手意識はなくなり外資の面接も堂々と臨めるようになりました!!

自分の強みを「4つ」整理しておく

「自分の強みを4つ教えてください」と全く同じような質問されることは少ないと思いますが、「4つ」用意しておけば大体どんな質問にも紐付けて回答できると思います。

ちなみに私の場合は、こんな感じです。参考になるものがもしあれば・・・是非参考にしてください。

①マーケティング戦略立案及び実行の経験が豊富
②(広告以外の手段も含め)集客の手法の引き出しが豊富
③運用と制作の両方のスキルがある
④情報のアップデートにスピード感がある(情報収集が本質的に好き)

マーケティング職で転職を成功させるためには

マーケティング職は、営業職などと比べると求人が少なく、経験者でも書類で結構落ちます。そのため、貴重な面接の機会を無駄にしないためにも、マーケティング職での転職を成功させる方法を最後にまとめました!

面接質問対策を徹底する

マーケティングに限らず、面接では準備が非常に重要です。面倒ですが、事前に整理をしておくことで合格率がグンとアップしますので頑張りましょう!!
マーケティング職の面接質問は以下の記事も是非参考にしてみてください!

良品計画マーケティング職の面接質問&回答例
【面接体験記】良品計画(無印良品)マーケティング職/質問と回答公開!こんにちは、事業会社でマーケティングの仕事をしているyukijiです。前職は広告代理店でした。 今回は私が実際に受けた「株式会社良品計...

人材エージェントをフル活用する

無料で利用できる大手の人材エージェントのサービスのクオリティが非常に高いので、使わない手はありません!!

注意点としては、応募を全然しなかったり「休眠」扱いになると、担当者が外れてしまいます。応募できる企業がない場合も、積極的に担当者に相談をしたり「転職中であること」をしっかり伝えるようにしましょう。

ちなみに私が最も多く利用しているのは、DODAです。様々な転職エージェントを利用したことがありますが、圧倒的に大手の方が求人数が多い&担当者の質が高いのでおすすめです。
大手でも●イナビエージェントを利用した際は新卒2年目の担当者がついてくれたのですが、本当に酷い扱いを受けました・・・。
こちらも時間と体力を使う話なので、良いエージェントを選んで転職活動ができると良いですね。

まとめ

  • 募集職種の業務内容をしっかり理解した上で面接準備をする。
  • 自分の強みは「4つ」整理しておくと、あらゆる質問に対応しやすい。
  • 大手の転職エージェントを利用しよう!

それでは面接頑張ってください!応援しています!

 

ABOUT ME
yukiji@マーケ担当&デザイナー
都内の事業会社でマーケティングの仕事をするアラサーOL|前職は広告代理店で激務|実務を通して学んだマーケティング、広告、デザインの知識を発信 |副業は主にWEB制作。月10万円の安定した副収入|好きなもの:東京、旅行、猫、ランニング